ちょっと待って!よりお得にオール電化を導入するコツとは?

導入費や設備費に着目

それぞれの工事費とは?

お得になると聞いたので、さっそくオール電化を導入したい。その前にある程度の費用をチェックし、自分に合ったサービスなのかを確認して下さい。

ガスコンロをIHヒーターに変更する施工は本体・配線やブレーカー工事・設置工事など全て合わせて10~25万円が相場となります。電気床暖房に関しては30~40万円。石油給湯器からオール電化専用設備に変更する場合は40~80万円。太陽光発電システムを導入するのであれば200~300万円ほど必要です。

これらの設備を一気に導入するのであれば280~450万円程度かかります。安くない金額ですし住宅に関する事なので、ふんぎりが付かない方もいるでしょう。しかしこれらの金額は光熱費が安くなるので、ランニングコストとしてみれば安価です。

導入した後の光熱費比較

「オール電化は安くなる。」「長期的に見るとお得だ。」という声を聞くけれど、具体的にはどのくらいお得になるのか気になっている。

住宅の規模や、ライフスタイルによっても違いますが一般的な家庭が使う電気代は月15000円ほどです。これにガス・灯油代をプラスすると25000円が一般家庭の光熱費となります。それに比べてオール電化は平均1700円とかなり安い事がわかります。

但し導入費が高額なので、それに伴い借入れをした場合そのローン額を合算してランニングコストとして算出しなければなりません。別の項目で説明した様に、オール電化は昼よりも夜の方が電気代は安いので日中に電気を多く使うと思ったより安くならないと感じるので注意が必要です。